一覧表へ戻る

平成二十年度さと子の日記広場たより一号 
 通算五三七号     二〇〇八年四月六日(日) 旧弥生一日

 一九九五年に始めました。
 最初は考えもなく日記教室でした。でも、「教」の旁は敵や攻と同じで「鞭」の意です。叩くのではなく、これですあれですと指し示すのでしょうが、「鞭」の印象がいやで、それに何かを教えるのではないからと二〇〇〇年一月から「日記広場」としました。
 広場は人が集まるところです。日記という名前を借りていますが、日記を書くのが目的ではなく、おとなも子どもも楽しく集う場を目指しています。目に見える日記を書かなくてもいいのです。楽しかったらきっと心で「楽しかった」と書いています。
 四日に誕生日祝いをしました。集まったのは子ども(赤ちゃん含む)十二人、おとな七人。一品持ちよりの、そして最後にびっくりたまごで「おめでとう」の紙吹雪の誕生日会は、四月生まれだからとひとまとめにはしません。生まれてきてくれたことが嬉しいので、出来るだけ近い日にします。だから二日で五歳になったピアノが大好きな直人くんと、素敵で楽しい絵と物語を作る、四日で七歳の野絵ちゃんの二人です。二十日に七歳になる二歳二ヶ月から参加の明日香ちゃんは、その頃にします。
 中学生になる有紗ちゃんは三歳八ヶ月から来ていますが、いつごろからでしょうか、誕生日会にはかならず誕生ケーキを焼いてくれます。初めのうちは絹子さんとの共同作業でしたが、季節にあわせた飾り付けや、間に合わないときは日記広場のみんなで飾り付けをしたりと、日記広場の優秀なスタッフに育ちました。
 その有紗ちゃんのフアンは、昨年十月からの由衣ちゃんです。愛ちゃん明日香ちゃん裕也くんと同じ幼稚園で、同年です。そしてお兄ちゃんで新三年生の一俊くんも「楽しそう」と三月から来ています。ガイア水俣の甘夏でマーマレードを作りましたが、早速日記に「マーマレードが出来るまで」を図解で書きました。研究者みたいです。
 明日香ちゃんの弟頼史くん、愛ちゃんの弟直人くん、そして昨年六月からの俊足裕也くんを入れ、男の子が四人!裕也くんの弟の七月に生まれた寛人くんも入れると、日記広場は珍しく男の子だらけ!元気に楽しく集まっています。
 十四年目はどういう日記広場になるでしょう。絵本講師も
段コポアドバイザーも根っこは一緒です。命を大切にします。

一覧表へ戻る