平成十七年 聰さと子の日記広場たより16号
  通算四七一号 二〇〇五年九月二十八日(水)太陰暦葉月二五日

 今日は六一歳の誕生日です。去年は丁度仲秋の名月の日でした。
で、誕生日に免じて、ある製品の紹介をさせてください。
 それは「布良」です。毎年水俣の甘夏を取り寄せていますが、その
「ガイアみなまた」発行のGAIAからNo31(六月一日)の取扱商品パ
ンフのなかで〈試して見ませんか?〉という吹き出しに目がとまりました。
本来の目的は生分解でんぷん樹脂「よもぎちゃん」という、主成分が
玉蜀黍とヨモギ粉なので焼却時にダイオキシンの発生がないし、抗
酸化・抗菌・抗カビ作用の効き目のある保存袋の注文でした。
(この会社は倒産し、最後の注文になってしまい寂しいこと)
 ガイアみなまたの代表たかくら敦子さんの布良体験記を読みました。
綿は身体によいとしてもその栽培過程で大量の化学肥料や農薬使用、
収穫時に機械で収穫しやすいようにと葉や茎を枯らす枯葉剤が使われ
ているとしたら・・・・近年のアトピー患者の増大は、それとは無関係で
はないと感じたので、布良を大と小それぞれ十枚注文しました。
(大七三五円小五一五円+送料)
 八月一日から使い始めました。人にも薦めたかったので、先ず実験!
と、洗髪も洗顔も身体洗いも、布良の大一枚でします。髪は先ずお湯で
良く洗い、布良を頭髪にかぶせ、マッサージします。シャワーしながらの
マッサージが効果的です。
 暑い夏でしたので、顔は特に一日に何回も洗いました。化粧水をつけ
るのを忘れるほどです。つっぱらないのです。髪も気軽に洗えます。その
良さを実感したので、お盆過ぎには大十五枚と小五枚注文、
昨日は大二十枚注文しました。
 一枚の布からはじまる良質の暮らし のキャッチフレーズがいいでは
ありませんか。以前から高校の友人の勧めるエリナのスクラブを使って
の洗顔や洗髪でしたから、河川汚染防止には協力してはいたのですが、
布良でまた強力になりました。  みなさんもぜひ使われて下さい。ご注文
はガイアみなまたへ。乞う裏面参照。
赤ずきん かわらばん ができました。糸あやつり人形劇への
江藤直子さんやミケ子さんの熱意を感じます。赤ずきんちゃんを
探していると、あれ、あれ、エルマーやぶたぶたくーん!カット酢橘(すだち)


赤ずきんかわらばんです。楽しんでください。