平成十六年 聰子の日記広場たより17号
  通算四四十二号    二〇〇四年十月二十三日(土)太陰暦長月十日

 嬉しいおしらせです。明日香ちゃんに弟が産まれました。十月十日予定でしたが十四日夜十時二十五分。身長四十九a体重二八五八c。二時間くらいの安産で、わたしが千春さんから「産まれました」と電話を受けたのが十一時五分。おそくにごめんなさい。でもお知らせしたかったのでという優しい声に涙が出ました。千春母さんと離ればなれの始めての夜を過ごした明日香ちゃんですが、翌日病院に来た時の顔は「とてもまぶしくたくまし」かったそうです。
 福岡市で農業を営むお祖父ちゃんの家はお祖母ちゃんと、結婚したばかりの弟さん夫婦が住む広い家で、走り回っている明日香ちゃん。「あっちゃん、広いお家ほしい。パパのお家だと怖い夢見るの。ねぇおじいちゃん、この家ちょうだい!」と無邪気に言う明日香ちゃん。あんたと言われると「あんたじゃないのあすかなの」と憤慨して訂正し、それがまた面白くて「あんた」と言ってからかうお祖父ちゃん。誕生日に明日香ちゃんが「おめでとう」を十回も言うので照れているお祖母ちゃん。核家族では得られない触れあいがそこにあります。
 赤ちゃんが生まれる前に、みんなでお手紙を書きました。十月から参加のてるみつくん夢子ちゃん兄妹も明日香ちゃんの友達(ゆみえさんと千春さんは大学時代の友人)なのです。
 日記広場も大きな家族のような気がしてきました。美希ちゃんは、二歳の時からの縁だし、有紗ちゃんは二歳から日記広場にきているし、健吾くんはB型とは合わないよね(彼は0型わたしはB型)、と言いながら楽しそうだし、三ヶ月かかったけれど瑠莉菜ちゃんは手をつないでくれるし、森の木に登ったあと地面に転がり「わたち落葉よ」という詩人の野枝ちゃんは、いつのまにか私の膝にすわっているし、昆虫の好きな愛ちゃんは「今日は日記広場の日?」と毎日聞くほど待っていてくれるし、弟の直人くんは猫のもも太郎が大好きだし・・・・・
 日記広場で赤ちゃんが生まれるのは初めてのことです。
 なんだか孫ができたような気がして嬉しくてなりません。
 元気なお祖母ちゃんになれるよう、毎日自彊術をしています。