週二回集まって、稽古中です。
劇団「MAM」は若い人ばかりです。
だから脚本と演出の哲郎さんとAさん以外は、戦争のことは知りません。
わたしも引き揚げ者ですが、記憶にありません。

   焼け野原は遠いもの?
   道は舗装され、ビルが建ち・・・・・でも焼け野原は確かにそこにあった。
   今も私たちの心にあるはずなのに、封印しているのは誰?


             
 スキャナがやっときれいに出来るようになりました。
 9月28日にウエル戸畑でお会いしましょう。
 わたしの62歳の誕生日です。
 
こっそり「おめでとう」と声をかけてくださいね

11月23日にあります。
 
西日本新聞9月26日朝刊で紹介されます。

                                   



月19日・20日 感激の舞台でした。
  狂女花子の老後の役で、ずっと舞台正面のスクリーンの後ろ右側に
  赤い扇を持って座って、左は画家実子の老後役の方、途中でぱしっと扇を閉じる。
  その音を立てるのに緊張でした。
  最後に舞台に出ていく・・・・これも足がもつれないかと・・・・・
  自彊術を毎日したので、なんとか歩けました。 (初舞台感想)

青天の霹靂、闇夜の烏 
話の種に受け、落ちるはずのオーディションに合格!
このようになりました。↓
裏は写真付きだけれど、恥ずかしいので載せません。


稽古は8月14日〜18日ぶっ通し。19日20日の公演です。どんな役かまったく不明。
台本の朗読者は9人しかいらないので、残りの二人の一人なのです。!
一体何をするのでしょう。


有紗ちゃんのピアノで「ピーターと狼」を読みます。
小絵夢ちゃんの落語は「ひらりん」



2006年5月20日


写りが悪いので原版をここに載せます。
下の写真の真ん中は福岡で活躍のサラマンドホさん。
昨春のウェル戸畑での美声は
忘れられません。
両側の若き美女は姉妹です。
姉は徐睿(ジョユウ)さん。
中国で医師。九州大学医学部の訪問研究員として2005年来日。
妹は徐莉さん、内蒙古大学日本語科を卒業後、1999年来日。
現在九州大学比較文学科博士後期課程在学。
姉妹とも幼い頃から民族舞踊を習い始め、楽士時代には数多くのコンテストに出場。
来日後も積極的に国際友好のイベントに参加。
2003年には福岡国際交流音楽祭に出演した。
どちらが姉でどちらが妹なのでしょうね。
下の写真は踊りのドガラさんの隣のポーズ取ってる茶目っ気から判断して、
妹さんと思うのですが・・・・・




       ドガラさん          ジリムトさん
       


婦人之友の読者の会 北九州友の会の催しのご案内です。


一年ぶりのジリムトさんの北九州での馬頭琴の演奏です。
『スーホの白い馬』の朗読もあります。
小学二年生の教科書に、今頃登場する『スーホの白い馬』
大人は前売り2000円こども1000円です。
予約はジリムトさん 090−3739−0631 か
さとこの日記広場へどうぞ。




あの松橋登さんが北九州黒崎へ。
黒崎の小倉よりの歩道橋下りて(4つあるから三つめ)
そのまま歩くと三角公園があり、その右の元映画館。左はキャバレー国際
三角公園の手前のニュー紳士街の一角に「ショットバーグランパ」あり。


松橋登さんは冒頭に宮澤賢治作「よだかの星」朗読。
後半は竹内てる代作「静かに歩む」
わたしはメインは林芙美子作「カチューシャの唄」
前半に風子さんとあかつきさん作の詩も読みます。
チケット持っていますから、声をかけてください。






         社会は豊かに 家庭は簡素に


赤ずきんのあとはこれ!  

           ヴォーカルレッスン生の一人で「童神」を唄います。

御協力ありがとうございました。楽しい公演でした


久しぶりのゆんたす珈琲店プチコンサートです。
パラグアイハープとはどのような音色でしょうか。
ご予約はお早めにどうぞ。          



噺の会じゅげむ小倉出張所のおなじみ小粒さんと小きみさんです。
楽しいですよ。どうぞどうぞお運びください。





 リバーサイドコンサート
    〜紫川のせせらぎにのせて〜


 日 時 平成17年10月8日(土)夕刻18時より21時の予定

 場 所 紫川水上ステージ(小倉北区リバーウォーク近辺)


 出演者 ミュージックグループ紫音 他地元音楽家



ティエラの主宰者谷口淑子さんが、アムステルダム運河コンサートのような、
みんなが楽しく音楽を!の心で企画しました。
協賛して下さる方を募集中です。日記広場でもまた個人としても早速協賛しました。
紫音のメンバーはピアノの淑子さん、クラリネットの金谷睦美さん、マリンバの楢橋純子さん
パーカッション岩崎雅子さん、打楽器椋尾菜穂さんと若手の女性です。
若い人たちを応援しましょう。そして音楽を楽しみましょう。

新着情報
〜紫川のせせらぎにのせて〜
第1回リバーサイドコンサート           (掲載 8月22日)

 今や、北九州市民の憩いの場となった、勝山橋近辺の紫川の岸辺。
リバーサイドコンサートは、その紫川の「水上ステージ」において、演奏者と聴衆
そして自然までもが一体となって、クラシックを楽しもうというコンサートです。
 演奏者はこれからの北九州の文化の担い手である、若い音楽家たち。
たくさんの皆様のご来場をお待ちしています。

♪演奏時間17:00予定
  パーカッションアンサンブル「プリズム」

♪演奏時間17:40予定
  クラリネットアンサンブル「Suss(ジュース) Quartett」

♪演奏時間18:20予定
  音楽文化創造団体「ル・シエル」

♪演奏時間19:00予定
  「Zen(禅)」

♪演奏時間19:40予定
  ミュージックグループ「紫音」

♪演奏時間20:20予定
  友情出演「山崎 箜山」

日時:2005年10月8日(土) 17:00〜21:00
場所:紫川水上ステージ(雨天時:紫江’S 地下 水環境館)
料金:無料
主催:リバーサイドコンサート実行委員会

◎お問合せ先:093-651-7297(谷口)




秋の公民館講座(枝光南市民センター)
http://www.ktqc01.net/higa/emsf/index.htm
l
   〜文章講座〜「フェアな表現方法を学ぼう」
           定 員  15名
           教材費 300円
   @ 10月24日(月)午後一時半〜三時半
   A 11月 7日(月)
   B 11月21日(月)



2005年6月イベント情報

6月25日(土) 時間 開場18:30/開演19:00
「シャンソン&タンゴ〜夢で逢いまショウ」

【料金】前売1000円/当日1500円 (要カフェオーダー)
   ※ライブ終了後、打ち上げ交流会あり、参加費1000円。
【出演】川江敏子(歌)、右田せい子(歌)、中井満(歌)、鍬塚聰子(歌)、
    秋元多惠子(ピアノ)、福山ワタル(ベース)
    ゲスト:いわつなおこ(アコーディオン)、谷本仰(ウ゛ァイオリン)、

    ※ケイトミュージック音楽教室にてレッスンをしている生徒さん達と、
     講師秋元多惠子、 福山ワタル、そして、ゲストミュージシャンたちによる、
     シャンソンとタンゴのうたげです!!
http://www.kate-music.com/index.html
 終りました

日記広場のピアニストだった谷口淑子さんの音楽会です。
彼女の生徒さんによる発表会は1時から。
これは入場無料。
三時からは素敵なコンサート
若い方の豊かな感性を楽しめます。   
 終りました。

来年も7月第4週の日曜日です。戸畑祇園と重なるのが残念。

でも必ず行きます。
                             2005年8月記
                        







枝光市民センター春の講座「楽しく朗読2」の案内が、メープルリーフの会の目にとまり、
こういう企画になりました。
ケイトさんのピアノ演奏をバックの、素人の朗読劇。
まだ間に合います。あなたも参加なさいませんか。
お問い合わせは聰子へ。
練習日は週一回木曜日6月9日からです。





沢山の若い方が聞いてくださいました。
アンケートも沢山のかたが書いてくださいました。
ピアノと朗読が良く合っていたとの感想が多く嬉しいことです。
ピアノの前の方が85歳のFさんです。公演後若い男の子の「握手してください」
は嬉しかった!全員を二つに振り分けての朗読なので、一役を何人もが読むので、
そこが聞きづらい点だったでしょう。
この写真はリハーサルですが、本番で読むとき前の座席がぼんやり見えましたが、
朗読する人をちゃんと見て、聞いてくださっているのには感激しました。  2005年8月記




サンバイノーコンサート、ぜひお出でください。
池間哲郎さんの講演を聴かれてください。
生きること、生きられること、日本人に生まれて幸せだったのかを大げさな言い方になりますが、考える機会です。