第八十七回グランパ句会
   
  二〇〇七年四月二日(月)

         (作者) 特選     
  春の朝カイロを揉んで静かなり (もとお)
 2 弁当と発泡酒と桜  (ゴン) 
                 

 3 潮干狩りご近所配る新妻や (又太郎)
 4 春寒し片方の手ぶくろおとしたの)(ホロロ) 
               

 5 梅の木に鳥が止まると涙がでそうだ(夏日)
             
 6
水ぬるく海鳥動かず潟の先 (野捨次郎) 
               

 7 ちちよははよ春は耳たぶばかり (聰子) 
            
結・ホ・し・賢 
 8
流氷の去りし軌跡に友眠る  (星)  
               

 9 咲く花の匂うばかりのやかさ(虎血) 
               

10 なまんだぶ桜はそれがにつかわし (乱葉)
          
ゴ・次・聰・賢

11 長い髪ラーメンのように伸びている(もとお)
    

12 桜咲く犬は盛んに腰を振る (ゴン)
13 何故かしらんおばかな私も忙しい (又太郎)
          
結・し
14 春愁やひと日の心置きどころ  (ホロロ) 
             

15
いりこの目「しっかりだしをとってくれ」(夏日) 
         
  ホ・し
16 乱れ散る椿は眠る堀の闇  (野捨次郎)
17 春として福北ゆたか線として (聰子)
   
      
18 丹頂の今飛び立ちぬ紺の果て (星)
   ゴ

19 不安げに見つめる瞳春の雷  (虎血)
   
    
20 桜ってか上等でぇ江戸っ子よ  (乱葉) 
            

21 入院や空の碧さよ春冷える(もとお)  
           
藍・星・結
22 菜の花に笑顔になれた砂時計 (ゴン) 
     
 藍・夏・ホ
23 八百万・うちのかみさんにゃ(又太郎)
24 杖付いて笑えば歯がない春の空 (ホロロ) 
        
乱・結・賢
25 田芹摘み父の背中に光差す (夏日)     
         
乱・星
26 曇り空菜の花を閉じ込め泣かせたり(野捨次郎)
   
 聰 ゴ・賢
27
菜の花や少年は少年をかさね (聰子)
    
乱・ホ・し ゴ・夏
28
近づきし母に届かぬねこやなぎ  (星)
               

29
制服の胸がときめく新入生  (虎血)
30
君なくも誰と約束満開の桜   (乱葉)
               

31 花咲くや生き死ぬ音を聞いている  (結)
    
 聰・ホ
32 花の宵中年男のくくり死に  (結) 
              

33 鯛の骨噛み割りしゃぶる風おこる (結)
              
乱・次
34 春雷に心刺された午前2時 (藍)
   
         
35
桜ひらひら寂莫の時 (藍)
    

今月の高点句
  八点
   菜の花や少年は少年をかさ   聰子

     四点   ちちよははよ春は耳たぶばかり       聰子

              なまんだぶ桜はそれがにつかわし  乱葉

              曇り空菜の花を閉じ込め泣かせたり野捨次郎

                 花咲くや生き死ぬ音を聞いている     

      グランパ句会は二〇〇〇年二月十四日〜です。